山梨ワイン倶楽部

  • 0120-032-810
  • 9:00〜17:30 年中無休
現在のページ
山梨ワイン倶楽部 > 上手な保存方法

上手な保存方法

より深くワインを味わう
ワインの上手な保存方法についてご紹介します

自宅でワインを保存する場合、飲む日までは良い状態で保存してください。ワインに悪影響を与える5つの要素は
温度変化 / 乾燥 / 光線 / 振動 / 匂い です。
この5つからワインを守るのがポイントです。

01.温度変化から守る

望ましい温度は12~18℃。なるべく涼しい場所に置いて急激な温度差は避けましょう。

02.乾燥から守る

乾燥はコルク栓を傷めます。コルク栓が傷むと栓が抜きにくくなったり、ボトルに空気が入ってワインを変質させる恐れがあります。理想的には70~80%の湿度が良いとされています。ワインを横に寝かせて保存しておくのもコルク栓を湿らせて乾燥を防ぐためです。

03.光線から守る

日光はもちろん蛍光灯も避けます。なるべく暗い場所に保存してください。

04.振動から守る

振動は熟成を不自然に早めます。静かな場所に置き、あまり動かさないようにしましょう。

05.匂いから守る

ワインにはいろいろな匂いが移りやすいので、匂いの強い物と一緒に置かないようにしましょう。

  • 未成年者の飲酒は法律で禁⽌されています。未成年の⽅からのお酒のご注⽂はお受けできません。
  • 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがあります。